日本最大のインカレディズニーサークル

合同研究発表会が行われました!

こんにちは!
先日鑑賞した「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の余韻が未だに抜けない10代目♂です!フォースと共にあらんことを!!

さて、12月19日(土)に跡見学園女子大学にて合同研究発表会が行われました!

合同研究発表会とは各大学のディズニー研究会が集まり、様々な研究テーマに沿った発表を行うというモノなのです・・・!!!

今回は、早稲田大学・跡見学園女子大学・桜美林大学・東京都市大学の4大学が集まりました。

私たち、早稲田大学ディズニー研究会からは・・・。

「接待ディズニーを考えてみた件」

「高校世界史、地理の観点から見たTDR」

「ディズニーパークにおけるライドアトラクションの今後」

また、7代目の先輩による卒業研究の発表として

「東京ディズニーリゾートのアトラクション待ち時間の時空間統計解析」

「第二次世界大戦中のディズニープロパカンダアニメーションとその分類」

これら5つのテーマについて発表しました!

それぞれのテーマが、とても個性的で早稲田らしい発表となっており、聞いていてとても楽しく勉強になりました。

映画・キャラクター・テーマパークと、幅が広く一概には語ることができないディズニー。

その全ての分野を繋ぐ合同研究発表会は、私たちディズニー研究会にとって良い刺激になったのではないでしょうか!
次回は7月に開催予定。今から研究のテーマを探してみるのも良いかもしれませんね!

2016年は、東京ディズニーシー15周年アニバーサリー、そして上海ディズニーランドオープンとディズニーにとっても大きな変化のある1年。

2016年も私たち、早稲田大学ディズニー研究会は様々なディズニーについて研究していきたいと思います!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です