日本最大のインカレディズニーサークル

9代目会計報告書

入会期間には大変お世話になった会計補佐ちゃんからご紹介いただきました。ミッキー大好き9代目会計です。

先日新会計さんへの引き継ぎも終わり、ようやく一区切りついたかなとほっとしているところです。

引退の季節ですね!

私がD研に入ったのは一年生の春でした。
元からディズニー映画が好きで、ディズニーのサークルに入りたいな、と思ったのがきっかけです。
新歓に来て、世の中にはこんなにディズニーに詳しい人達がいるのか!と圧倒されたのを覚えています。
一口にディズニー好きと言っても、映画好き、キャラクター好き、ショーやパレード好きと個性豊か。
まだまだ知らない世界がたくさんあって、ディズニーというジャンルの奥深さを感じました。

思い出深いのは初めての新歓インパ企画。
同じ学年の子達と仲良くなれるかな…とドキドキしながら参加しました。
暑い中イースター・イン・ニューヨークの地蔵をしたり、オズワルドとグリーティングしたり…気がつけばその日初めて会った子達ともとっても仲良しになっていました。
一日一緒に過ごすせいなのか、はたまたパークの魔法なのか、インパ企画って凄く距離が縮まる気がします。
その時同じ班だった女の子達とは今でもしょっちゅう一緒にパークに行く大の仲良しです。

D研には毎週D研タイムと呼ばれるミーティングがありますが、私はバイトや別のサークルの関係で1年生の頃はあまり参加できませんでした。
それでも、たまにタイムや企画に顔を出せば必ず誰か私を覚えていてくれる子がいて、久しぶり!と声をかけてくれました。
それが嬉しくて、時々でもいいからまた来よう!と思うことができました。
いつ行ってもいいし、いつも行けなくても大丈夫。それがD研のいいところだと思います。

いわゆる飲みサーのような雰囲気が無いのも私とっては居心地のよい理由の一つでした。
騒がしい飲み会をしない代わりに、美味しいものと楽しいこと、何よりディズニーの話で盛り上がれる。
2年生になる頃には少しずつD研の友達も増え、サークルへの参加率も徐々に上がっていきました。

さて、そんな風にして迎えた2年生の冬。なんと私はD研の会計になっていたのでした(!)

まさか幹部になるとは思っていなかったので、そんなに重要な役を私がやっていいものかと不安でいっぱいでした。
でも、引き受けたからには中途半端にやるわけにもいかない…自分なりに工夫しながら頑張ってみよう、と考えてお仕事を始めることになりました。

みなさんは「会計」と聞くと、なんだか大変そう…と思うかもしれません。
私もやる前はそう思っていました。ただ実際にやってみると………やっぱり大変でした。
大人数のサークル、集金する人数や金額もケタ違いです。
100名を軽く超える合宿の集金、個別のトラブル対応、山のような領収書の整理、何度やっても何故か合わない計算、終わらない書類、迫る提出期限…もともと要領が良い方ではないので、なかなか思うようには進みません。
一つ一つ、時間をかけながらもなんとかこなしていきました。
先代の会計さんには本当にお世話になりました…。

ただそんな中でも、いいこともたくさんあるのです。
計算がピタリと合った時は深夜に叫びたくなるほど嬉しくなりましたし、人生で一度も触ったことのないような大金を管理するのは、責任を感じると共に非常に楽しい経験でもありました。
今思えば夏合宿の予算を立てていた時が一番わくわくしていたんじゃないかと思います。

夏合宿、個人的には準備のために最も濃い時間を過ごしたイベントでした。
何度も話し合って計画を練り、前日の夜中まで作業を続けました。
当日夜の宴会で、ミッキーとミニーが会場に現れた時には感極まって企画のお姉さんと抱き合って泣きました。
一番の思い出は?と聞かれたら最後の夏合宿と答えます。

会計になったことで、それまであまり話したことのなかったような子達にも名前を覚えてもらえたことも嬉しかったです。おかげで最後の一年がとっても楽しいものになりました。

それから、9代目幹部の一員として働かせてもらえたことも貴重な経験でした。
スイッチが入るのは遅いけどやる時はやるところも、忙しくても「お疲れ様」と「ありがとう」が飛びかうLINEも大好きでした。
チームとして優秀だったのかは分かりませんが、私にとってはとても尊敬する人達です。
このメンバーとお仕事ができてよかったなぁと心から思っています。

幹部以外の9代目たちにも、お仕事を引き受けてくれたり、愚痴を聞いてくれたり、一緒に企画を盛り上げてくれたりと、様々な場面で支えてもらっていました。
幹部がいっぱいいっぱいになっていたときも見守ってくれてありがとう。個性豊かで面白い素敵な代です。

いよいよこれからは10、11代目の時代ですね!
先輩たちのやってきたことにとらわれず自由な発想でサークルを作っていってもらえたらと思います。

なんだか引退式で話すべきことを全て書いてしまったような気がしますが、書きたいように書いたので満足です。
最後に思いがけずサークルに深く関わらせてもらえた一年でした。
さよならなんて言わずに引退してもたくさん遊んでくださいね!

さて、引退カウントダウンも残りわずか。次回は副幹事長さんです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です